我が家のせいろ生活(1)照宝のせいろが届きました

船橋市・星空リフレクソロジー「シリウス」齊藤みゆきです。

今回はセルフケアのお話しではなく、ちょっとした日記です^^

 

せいろ、使っています。

我が家には電子レンジはありません。

どうやって食品を温めているのかというと、蒸籠(せいろ)をフル活用しています。

冷ご飯を温め直したり、ポテサラを作る時にじゃがいもに火を通したり、温野菜を作る時などはすべてせいろにお任せしています。

 

野菜は「蒸す」に限る

どうしてせいろを使うのか?それは単純に「おいしい」から。せいろで蒸したじゃがいもで作った、ポテサラやコロッケが本当に美味しくて、そのことに感動して以来、野菜は「蒸す」を徹底しています。

じゃがいもの他に、らでぃっしゅぼーやで買ったとうもろこしやかぼちゃ、さつまいもを蒸します。

電子レンジで蒸すよりも、せいろで蒸した方が本当においしい。こんなに簡単に野菜が美味しくなるなら、これを毎日使おう!……ということで、せいろ生活を始めて早5年(くらいかな?)

 

バトンタッチ

先日、愛用していたせいろがついに寿命を迎えました。

こちらは、2年前の秋に合羽橋で買った2代目のせいろ。こちらに越してきてからも、コンロの数がひとつ減っても、ほぼ毎日使っていました。

日々使っていると消耗するのが早いのか、3年目を迎えた先日、ついにボロボロになりました。

まあ、安いものだったし、初代も3年目で壊れたから、せいろの寿命はそのくらいなのか~と思っていたのですが、きちんと選べば長く使える商品もあるのだそうです。

今回、私もいろいろと調べてみたところ、ある商品がヒットしました。それは、以前も気になって購入を迷った「照宝」のせいろ。

プロの料理人や日々の丁寧な暮らしを書き綴っているエッセイストの方など、つまりはそういう方々のキッチンでよく見かける(注:雑誌上)せいろで、その佇まいやに密かに憧れていました(笑)

そして今回、思い切ってお迎えしたのです。

 

照宝のせいろ

照宝のせいろは、中華街にある店頭や、ネットなど、購入先はどこであっても「照宝」の焼き印があれば、購入後何年も経っても修理していただけるとの事です。だから、もし万が一の時も連絡をすれば、壊れたからといって捨てることなく、ずっと使い続けていられるということです。

長く使っていると、手放すときにさみしくなるもの(私だけ?)、気に入ったものは一日でも、1回でも長く使いたいと思うもの。だから今回はこちらを選びました。

価格は初代、2代目と比べて倍以上はしますが、我が家は毎日使うし、長く使えるだろう……ということを考えると、それでも安いのかもと思います。

実際にまだ使用していないので、レビューはまた後日になりますが、憧れの照宝のせいろが届きました~という喜びをお届けしました^^

さて、ファーストスチーム(という表現があるのかどうかは知りませんが)は何にしよう?

 

サロンメニュー

ご予約はこちら

お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA