耳つぼdeかんたん!自分でできるセルフケアのすすめ

日々のお疲れが手軽にケアできたらいいと思いませんか?

実は、耳つぼを活用することでそれが可能です!

今回は耳つぼでできる簡単なセルフケアについてお伝えします。

 

耳をほぐすと不調が改善する理由

足裏や手をほぐすと気持ちがいいのと同じように、耳をほぐすって本当に気持ちがいいのです。

 

どうして痛みを感じるの?

耳はとても小さい器官ですが、全身に対応するツボが表裏に約200個存在しています。

つまり、耳つぼを刺激することで、全身をケアすることができるのです。

耳をほぐした経験がない方は、最初はその「痛み」に驚く方が多いです。

東洋医学では人間の体には12本の経絡(けいらく:気・血の通り道)があり、経絡はすべて耳を通っているといわれています。

そして、経絡上にツボが存在しているので、気の流れが詰まっていて巡りが悪いと、そこを刺激することで痛みを感じるのです。

 

 耳の形は胎児の形!?

耳は、赤ちゃんがお腹の中にいるときの姿のように、人間が逆さになったときの形だという説が存在しています。

それをイメージしながら耳を見てみると、どの部位がどのエリアに反射しているかが想像しやすいと思います。

耳の上部:脚、腰、膝など下半身

耳の中部:消化器などの内臓系

耳の下部:頭や首(頸)あたり

 

ほぐし方のコツ

親指と人さし指の指腹や指先を使って、対応する部位を「イタ気持ちいいと感じる力加減」でほぐします。

1:刺激をする親指と人差し指で「OKサイン」のような指の形を作ります。

2:刺激をする指(人差し指)の裏側に親指を当てて、刺激が逃げないように壁を作ります。

3:イタ気持ちいい力加減で1か所をほぐしてみてください。

1か所につき2~3秒、力を入れてパッと指を離す、というのを何回か繰り返してみてください。

後は位置を上下にずらしながら、触ってみて「イタ気持ちいい」ところを探しつつ、耳全体をほぐします。

 

耳全体のほぐし方

・耳を上下で真っ二つにするようなイメージで折りたたむ

・耳の穴をふさぐように耳全体を前に倒す

・耳の外側を持ち、上や下、ななめ方向に引っ張る

こうすることで耳全体をほぐせます。

ピンポイントの刺激が苦手な方には、こちらがおすすめです。

この動作を何回か繰り返していると、次第に耳がぽかぽか温まり、血流が良くなってくるのをじわじわと実感します。

そうすると、経絡の巡りも次第によくなるので、最初に耳をほぐした時に感じた痛みが薄れるか、あるいはなくなったように感じるのではないでしょうか。

 

おわりに

道具やオイルなどを一切何も使わない、自分の指だけでできる、超簡単で手軽なセルフケアです。

続けていくことで体がラクになりますので、一日に5分の耳ほぐしをぜひ習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

※体質を改善したり、症状を和らげるためには、定期的なご来店が必要となります。ご来店が難しい場合はセルフケア用の耳つぼシール販売もございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA