もう制汗剤には頼らない!「さぼり汗腺」を鍛えていい汗をかくコツ

どうして制汗剤を使うの?

どうして汗のにおいが気になるの?

じゃあ、汗がにおうのはどうして?

船橋市・塚田エリアの星空リフレクソロジーサロン「リフレクソロジー&アロマ シリウス」齊藤みゆきです。

質問攻めで始まった今日の記事です(笑)

さて、今日は一度は使ったことがあるだろうと思われるアレのお話しです。

学生時代体育の時間や部活の後、あるいは今もエチケットのために、シューと一吹き、二吹きしたことがある方、している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アレって……そうです、制汗剤のことです。夏の間の汗対策、エチケットとして持ち歩いていた人もいらっしゃるのではないでしょうか?

だけどね、制汗剤って実は逆効果なのですよ!

 

汗腺の衰えが汗のニオイの原因に!?

汗の役割って何?

人間の生命活動に必要な体温調整をする こと。

体内に熱がこもると皮膚の血管を広げたり発汗することで、体温の調整をします。

さらに、汗に含まれる水分と皮脂が、肌をキレイに保ってくれる善玉菌のエサにもなりますので、汗はかかないよりもかいた方が良いといわれています。

 

汗の正体~いい汗と悪い汗?~

そもそも汗の正体は何?

血液中の水分(血漿:血しょう)とミネラル(塩化ナトリウム、カルシウムなど)が、汗腺を通って流れ出たものです。

体外に排出されるのは水分だけで、ミネラル分は汗腺の働きによって再吸収されて血液に戻るため、水分だけの「サラッとした、ニオイのない良い汗」になるのですが、ミネラルが再吸収されずに水分と一緒に出てしまうと、ベタベタした汗になってしまうのです。

つまり、しょっぱい汗をかく人の汗腺は、本来の働きをしていないということ。

いわゆる「さぼり汗腺」なのです!!

このミネラル成分を含む汗は、汗の独特のニオイの原因となったり、皮膚をアルカリ性に傾けてしまうため、肌荒れの原因にもなります。

つまり、これが悪い汗と呼ばれているものなのです。

 

心当たり、ありませんか?

現代人は空調の整った快適な環境で過ごすことに慣れてしまっているため、あまり汗をかかなくなりました。

そして、制汗剤に頼ったために、汗腺をふさぎ汗が体外に排出しにくくなりました。

その結果、汗腺が衰えてしまい、べたべたした悪い汗をかく人が増えたのです。

良い汗をかくには、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動や、入浴、バランスの良い食事の習慣を心掛ける必要があります。

 

 

制汗剤を使いすぎることで起こりうるトラブル

1.かゆみやかぶれ発生のリスク

制汗剤の成分としてよく使われているものに、塩化アルミニウムがあります。

汗腺をふさぐため制汗効果は高いのだけれど、実は、かゆみやかぶれなど、肌トラブルをおこしやすいのです。

2.ニオイがさらに強くなる?

制汗剤には、毛穴をふさぐ「収れん剤」と、ニオイの原因菌をやっつける「殺菌剤」が含まれています。

これらが汗腺に蓋をするような役目をしています。

ところが、汗を体外に出したいのに、汗腺にふたをして出させなくすると、汗と一緒に出したかった老廃物が出てこれなくなり、ニオイをさせたくないのに余計にニオイを強くしてしまう恐れがあります。

つまり、汗を抑えようとすることが、かえって逆効果だった、ということなのです。

 

汗腺を鍛えよう!

汗で不快な思いをさせたくないし、したくないから気遣っていたのに、それがかえって逆効果なら、どうしたらよいの?という声が聞こえてきます。

さぼり気味だった汗腺を働き者にする方法は、入浴がベストです。

42度ほどの少し熱めのお湯で入浴します。

ただしこれは全身浴ではなく、部分浴です。手足だけをお湯に浸します。

じんわり汗をかくまでラクな体勢で手足を浸すと、しばらくすると汗がぶわっと出てきます。

汗腺がさぼり気味だと、少し時間がかかるかもしれませんが、これを続けるとさらっとした汗がかけるようになります。

そして、お風呂から出たら水分をきちんと拭き、自然に汗が引くまでクールダウンします。

暑いからといって風に当たったりして体を急に冷やすのは、働き始めた汗腺の機能をストップさせてしまうので注意してください。

発汗を促すため、入浴前に水分を摂ることもおすすめします。

部分浴がおすすめではありますが、まず、この暑い夏をシャワーだけで乗り切っていた方にとって、湯船につかるというところがハードルが高いかもしれません。

ですので、まずはお湯にゆっくりつかるところから始めてみてください。

そして慣れた頃に部分浴をスタートさせてみてください。

 

おわりに

新しい習慣が身につくまで3週間時間がかかるともいいます。ですので、汗に悩んでいたり、制汗剤を使っている方、使うのをやめたいなという方は、まずは試してみるのもいいかもしれません。

自然に良い汗をかける体質になれるように、まずは試してみていただけるとよいかもしれません。

制汗剤の使い過ぎは、脇の下の常在菌をやっつけてしまうことに繋がるので、できれば自力で気持ち良い汗をかけるような体質を目指していきたいですね。

 

あとがき

私も昔は制汗剤をよく使っていました。

窓口業務をしていたころは、近所のドラッグストアで大型缶の2本セットなどを頻繁に買い込んでいたような気がします。

そして仕事が始まる時、終わって着替える時に、シューっと一吹き、二吹き。部屋が白い煙(?)に包まれた記憶があります。使うときにまわりの方にごめんなさいと声をかけていた記憶もあります。

あれって、無意識に「人様には迷惑な物質をふりまいているんだなー」って思っていたからの発言だったのでしょうね(多分ね)

制汗剤って、習慣になるとやめられなくなりますよね。

頼っちゃうというか……これを使わないとニオイがするかも!って気になっちゃうのですが、シューっとした時の白いもやもやの煙を、一度誤って思い切り吸い、むせてしまってからは使うのをやめました。

息苦しくなったから。

むせるといえば、衣類や空間に一吹きする○ァブリーズも一緒です。発売された時に買ったことがあるのですが、あれ、異様にむせるので、異常を感じて使うのをやめましたもん……

すみません、かなり話が脱線しましたが……制汗剤の類はとっくの昔に卒業して写真を持っておらず、花の写真を使ったというわけですのでご了承ください^^

 

=============

☆お知らせ☆

*執筆した記事がmybest(マイベスト)に掲載されました!
「冷え・むくみ」のセルフケアに!リフレクソロジストが愛用するアイテム8選

文具ニストが厳選!仕事におすすめの便利な文房具9選

=============

サービス内容

ご予約はこちら

お問合せはこちら

お気軽にフォローしてくださいね♪

齊藤みゆき Facebook (ブログみました!とメッセージいただけたら嬉しいです)

instagram

web shop アトリエ・シリウス(BASE ベイスにリンクします)

=======================
千葉県 船橋市・鎌ケ谷市・市川市・松戸市・
白井市・佐倉市・柏市・千葉市 方面・市原市・八千代市
東京都 墨田区・文京区・葛飾区・江東区・
江戸川区・板橋区・杉並区・世田谷区・小金井市
神奈川県 横浜市・川崎市 方面
埼玉県さいたま市 方面
栃木県方面 よりお越しいただいております。
======================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA