今年の目標、たてましたか?

船橋市・塚田エリアの星空リフレクソロジー「シリウス」齊藤みゆきです。

「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、皆さんは昨日、2018年にやり遂げたいことや今年の目標を掲げましたか?

最近は「夢を叶える系」や「コーチング系」の手帳やノートも売られているので、皆さんもう既に書いていらっしゃるかもしれません。

そして手帳やノートの使い方を伝える雑誌やムック本、著書などがここ数年増えているので、普通の手帳を自己流にアレンジして書いている方も、普通にいらっしゃるのでしょう。

私も昨日、一年の目標を改めて手帳に書いたので、ここにご報告します(笑)

 

 見やすいところに一年の目標を書く

これは当たり前なのかもしれませんが、手帳でよく開くページに一年の目標を書き入れます

今までの手帳は、裏側の方についているノートページに、一年の目標を書き込むため、線を引いて自作していましたが、今年はそれをやめました。

というのは、見返すことをほとんどしなかったからです。

つまり、作り上げて満足、記入して満足、になっていたということです。

それじゃあ意味がないですよね?せっかく目標を書き入れても、たとえ目標や夢が叶っていたとしても、振り返ることをしないのは全く意味がないことと思ったので、今年は作りませんでした。苦笑

ん?新幹線のマステ?とりあえずここはスルーで(笑)

画像を小さくしましたが、今年は手帳のはじめ(見返しページ)の次に書きました。

しかも先にマステを貼ってしまっていたので、かなり狭いスペースに書き込んでいます。

だけど結果オーライでした。

その理由は、スペースが広いと、このページにたくさん書き込んでしまうから。ここでは一目で見て理解できるように、控え目に。

今年は筆文字で書きたいなって思ったので、筆ペンを使いました。

あ、とりあえずモザイクかけていますが、今年はやりたいことをやる!と書いています。あとは健康に関して。

 

目立つところに書くメリット

それは、手帳を開く時に、何度も目にするから。

目にする機会が多くなると、それだけ脳内にインプットされるから。

頭の中でわかっていても、実際にその文字が目に飛び込んでくると、改めて自覚するはずなので。

 

立てた目標を細分化するのは、自由だぁ~!

……と声高らかに叫ぶ芸人さんがいましたね。笑

おっと失礼、脱線しました。

以前行っていた手帳セラピー考案者のさとうめぐみさんの手帳術は、一年の目標を立てた後に、それぞれジャンル別に目標を立てていました。

細分化するメリットもあると思っているので、今までそれぞれの目標を手帳に書いていましたが、今年は、敢えてそれをやめてみました。

やめてどうなるか?それは今年一年過ごしてみて、一年を振り返る時に結果が出ると思いますので、とりあえず様子見ということで……^^

 

おわりに

今年残すところあと364日(笑)大人になると、一年があっという間に過ぎていきます。

まだ新しい年が始まったばかりだから……と、のんびりしていると、気が付けばすでに師走!あーもっとアレやりたかったーこれがしたかったーと後悔はしたくないですよね?

過ぎた時間は取り戻せません。誰にも平等に与えられている一日24時間という、限りある時間を有効に使うために、手帳と仲良くなってひとつでも多くのやりたいことを実行できるよう、一緒に楽しみながら一年を過ごしましょう。

 

 

☆ほーぼ雑談がメイン!(笑)アメブロも毎日更新しています♪

プラネタリウムが見えるリフレクソロジー&耳つぼサロン「シリウス」@千葉・船橋

 

サービス内容

ご予約はこちら

お問合せはこちら

お気軽にフォローしてくださいね♪

齊藤みゆき Facebook 

instagram

シェア!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA