【耳つぼ】貴宝石®耳つぼシールがセルフケアに適している、たったひとつの理由

肌に触れる部分がフラットタイプの耳つぼシールがあるってこと、ご存じですか?

 

 

船橋市・塚田エリアの星空リフレクソロジーサロン「リフレクソロジー&アロマ シリウス」齊藤みゆきです。

耳つぼというとダイエットというイメージがあります。だけど、もちろんダイエットだけでなく、美容健康のために活用できる素晴らしいものなのです。

だけど、耳をずっと揉んでいるわけにはいかない……そういう時に活用していただきたい、耳つぼに貼る耳つぼシールについて、その仕組みをカンタンにお伝えします。

 

耳つぼシールの役割

耳つぼが美容や健康をサポートするものだということは分かったけれど、常に耳を触っているわけにはいかないですよね。

そこで、耳つぼシールの出番なのです。

一般的に安価で出回っている耳つぼシールは、肌に触れる部分に金属粒セラミックなど粒状の刺激ポイントがついています。

耳つぼシールを貼るときに、自分で該当するツボを探して、耳つぼシールの裏にくっついている粒を、耳つぼにピンポイントで当てないと意味がありません。

そして、いくつかのリスクがあります。

チタン粒などは金属アレルギーの心配があるし、圧痛刺激が続くから痛い。

私は最初、これが「ツボに刺激が入っていて、痛いから効いている感じがする」と思っていました。

シールをはがす時、チタン粒の形をした凹み……要は、ずーっと粒部分をシールで押し続けて刺激をして皮膚に圧力をかけて刺激します。

しかも、人間、なぜかシールを貼っている上から触りたくなる(笑)するとどうなりますか?おわかりですよね、シールの上からさらに強く押されるため、粒の刺激をより感じ、痛みが増します。

耳たぶの皮膚は粒の形に陥没し、部位によっては傷がつき、出血することもあるそうです。

(これは実際にお客さまにその状態を見せていただいたこともあります!痛々しかったです……)

そして、耳つぼシールを長時間貼っていると、粒状の刺激ポイントは動いてしまうため、せっかくピンポイントで当てて貼ったのに外れてしまいます。

 

貴宝石耳つぼシールのしくみ

シリウスのサロンで使っている耳つぼシールは、従来型(裏が粒タイプのもの)とどう違うのか?というと、肌に触れる部分がフラットタイプになっています。

アレルギーの心配がない24金と、貴宝石®(特許取得済)という、国産で水晶に似た成分をもつ天然の鉱石を砕いてパウダーにしたものを重ね合わせると、そこから微弱電流遠赤外線還元作用の力が放射状に広がります。

この、放射状のチカラが、ツボに刺激をし続けます

そして、肌に触れる部分がフラットのため、痛みはなく、多少つぼをはずしてシールを貼ったとしても大丈夫なのです。

だから、セルフケアにもってこい!な耳つぼシールなのです。

 

耳つぼシールを貼っている間は、ツボに刺激をし続けるので、耳を揉んだりしなくても大丈夫。

つまり、貼りっぱなしで3~4日間すごしてOKなのです。

 

おわりに

耳つぼシールの魅力は、まだまだ語れるのですが、今回の記事は、耳つぼシールのしくみの概要までとさせていただきます。

さらにお伝えしたいことがあるので、続きはまた別の機会に書くことにします。

「耳つぼシールを以前貼って、痛い思いをしたから、もう貼りたくない!イヤだ!!」

と、ネガティブなイメージを持っている方に、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

(実際にそのような思いをされた方が、貴宝石®耳つぼシールを貼って「大丈夫!痛くない」と仰っていました)

そして、今年、私が日頃お世話になっている一般社団法人中医学耳つぼ美容協会では、今年、自分で貼れる耳つぼダイエットシールのセットを発売することになりました。

近日中にこちらのブログからも、「自分で貼れる耳つぼダイエット有料モニター」の募集をさせていただきますが、まずは耳つぼについて、数日間かけてお伝えしたいと考えていますので、興味がありましたらまたお付き合いくださいませ。

耳つぼdeかんたん!セルフケア

 

 

☆ほーぼ雑談がメイン!(笑)アメブロは時々更新しています♪

プラネタリウムが見えるリフレクソロジー&耳つぼサロン「シリウス」@千葉・船橋

 

サービス内容

ご予約はこちら

お問合せはこちら

お気軽にフォローしてくださいね♪

齊藤みゆき Facebook (ブログみました!とメッセージいただけたら嬉しいです)

instagram

web shop アトリエ・シリウス(BASE ベイスにリンクします)

=======================
千葉県 船橋市・鎌ケ谷市・市川市・松戸市・
白井市・佐倉市・柏市・千葉市 方面・市原市・八千代市
東京都 墨田区・文京区・葛飾区・江東区・
江戸川区・板橋区・杉並区・世田谷区・小金井市
神奈川県 横浜市・川崎市 方面
栃木県方面 よりお越しいただいております。
======================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA